QR決済

QR決済と仮想通貨って何が違うの?違いと仕組みを簡単にまとめてみた。

2018年はキャッシュレス元年になりそうな勢いです。

しかし、2017年にも元年と呼ばれたあるブームがありました。

「仮想通貨」です。

この2つって結構似てるんですよね。

そこで今日は仮想通貨とQR決済って何が違うのか?簡単にご紹介しようと思います。

仮想通貨とQR決済の違いとは?

  1. 両方ともコードの読み取りを行うが、やっていることはぜんぜん違う。
  2. 仮想通貨は「ブロックチェーン技術を利用した通貨を使う」QR決済は「日本円と銀行を使って記帳する。」
  3. QR決済は簡単!仮想通貨はまだまだ普及段階!

両方ともコードの読み取りを行うが、やっていることはぜんぜん違う。

仮想通貨とQR決済、両方ともプログラムを通じて支払いに利用する事ができます。

仮想通貨とQR決済はどちらも相手にコードを出してもらい、それを読み取ったりアドレスを入れることによって相手に自分が持っているお金を渡すことが出来るんですね。

しかし、その中身は全くといっていいほど違います!

仮想通貨は「ブロックチェーン技術を利用した通貨を使う」QR決済は「日本円と銀行を使う。

では、仮想通貨とQR決済、どれほど違うのでしょうか?

仮想通貨とQR決済の違いを簡単にご紹介しますね。

仮想通貨ってそもそもなんだ?

仮想通貨は、ブロックチェーン技術を利用したプログラム上にある通貨ですね。

ビットコインやイーサリウム等が有名ですが、これらの仮想通貨は日本円とそもそも異なります!

ビットコインは100万円、イーサリウムは8万円の日本円となら交換する価値があるよね。だからビットコインがほしければ100万円で払ってね!というものです。

QR決済ってそもそも何だ?

QR決済とは、銀行等にある日本円の情報をプログラムで紐づけて決済を行うものです。

楽天ペイやLINEPay等のサービスは、銀行や加盟店と連携し、自分の口座にあるお金をQRを読み取ることで、支払いたい相手にお金を移動することができます。その結果相手と簡単に取引を行うことが出来るんですね。

QR決済は簡単!仮想通貨はまだまだ普及段階!

QR決済は楽天やLINEやYahoo等の大手企業が加盟店と提携しているので、スマホで支払うということが簡単に行える様になっています!

【関連記事】⇒楽天ペイってどんなサービス?特徴とメリットと今後の動向を紹介!

【関連記事】⇒LINE Payってどんなサービス?特徴とメリットと今後の動向を紹介!

【関連記事】⇒ヤフースマホ決済って何?導入・入金・決済手数料ゼロ

仮想通貨も同様のことを行えるのですが、企業が行っているサービスでは無いため、様々な注意を払わなければなりません。

例えば、間違えたアドレスに送ってしまうと、自分のお金が消えてしまったり、自分が保存していた仮想通貨をハッキングで奪われてしまうリスクもあります。

おまけに仮想通貨は日本円⇒仮想通貨に変換しなければ行けないため、価値が大きく変わるんですね。

よって、まだまだ仮想通貨は普及段階のサービスです。

簡単に支払いを行う、少額取引を行う。その目的で仮想通貨とQR決済どちらが使われる家といえば、やっぱりQR決済の方が可能性が高そうですね!