QR決済ニュースの一言

キャッシュレスに興味はあるけど導入しない?特に女性は好まない!?理由は何故?|QR決済

きゅーたん
きゅーたん
私の周りの友達はキャッシュレスに反対的なのよねー。なんでだろう・・・
あーるくん
あーるくん
え!?そうなの?ぼくの友達はみんな興味あるようだったけど・・・

生活総研が2017年12月15日付けで

発表した統計情報によれば、

今後仮想通貨や電子マネーを始めとした

キャッシュレス社会になるべきかどうか?

という質問に対して、「なったほうが良い」

と答えた人は48.6%だったそうです。

紙幣や硬貨などの現金を使う必要がない「キャッシュレス社会」に将来「なった方がよい」という賛成派は48.6%、「ならない方がよい」という反対派は51.4%と、意見が真っ二つに分かれました。

引用ー「キャッシュレス社会」に賛成49% : 反対51% 賛否は真っ二つ。 男女で意見は正反対(男性は賛成、女性は反対が多数)。

 

⇒【なんで日本ではQR決済が流行らない?!

男女で意識の違い。

興味深い点は、性別で賛成・反対の声が

異なったということです。

性別でみると、男女で意見は正反対。男性は賛成派(58.7%)、女性は反対派(61.5%)が多数となっています。

性別に寄って意見が異なる

というのが興味深いところです。

賛成側の意見は基本的に

  • 現金を持たなくて良い。
  • 便利そう。

といった声がある一方で

反対意見としては

  • 浪費しそう
  • お金の感覚が麻痺しそう
  • ありがたみが薄れそう

といった声が出ているそうです。

大きな傾向として、

  • 男性は細かいお金を気にしない。
  • 女性は気にする。

こんな傾向がありそうです。

確かに、女性の方が

スーパーの買い物なんかも

1円単位の差を意識できる方が

多いです。

男性はどんぶり勘定な人も

多くいるので、

大きな傾向としてあるものが

データで裏付けされたような結果ですね。

興味はあるけど、実行しない?

キャッシュレスのサービスに

興味を持つ人の比率に比べて

実際に使っている比率のほうが

少ないという結果がありました。

全サービスとも利用経験<利用意向。今後、伸長のきざし

「個人間で所有物を売買するサービス」で利用経験(43.7%)より利用意向(58.1%)が大きく上回っています。

あくまで現時点では興味というところが

主軸になっているようですね。

しかし、興味をもつことと、

実際に利用することには

大きなハードルがあります。

興味をもつことと知っていることは

全然違います。

海外旅行に興味を持つ人は多いですが

実際にパスポートを保有している人の数は

わずか24%です。

普及策を打たない限り、

キャッシュレスを使う人達の数は

これ以下になりそうです。

⇒【QR決済の仕組みと日本のキャッシュレス化構想について

どうすれば普及する?

マーケティング用語に

イノベーター理論というものがあります。

  1. イノベーター
    新しいものを積極的に取り入れる人(市場全体の2.5%)
  2. アーリーアダプター
    流行に敏感かつ他の消費層への影響力が大きい、オピニオンリーダーとも呼ばれる。(市場全体の13.5%)
  3. アーリーマジョリティ
    比較的慎重派な人(市場全体の34.0%)
  4. レイトマジョリティ
    周囲に普及してから利用する人(市場全体の34.0%)
  5. ラガード
    流行や世の中の動きに関心が薄い人(市場全体の16.0%)

興味を持つ人達が増えてきたということは

世の中で認知をされているということです。

スマートフォンの普及時も、

序盤はガラケーが大多数でしたが

世の中のオピニオンリーダーが宣伝することで

大きく普及をしていきました。

キャッシュレスにおいても、

先導する人が増えてくれば

普及がより見込めるかもしれません。

⇒【LINE,Pring,Yahoo,に追従するのは?!

きゅーたん
きゅーたん
どのサービスでどれくらい使ったか金額が分かればいいのかな・・・?
あーるくん
あーるくん
まとめる仕組みも今後生まれてきそうだね!