MENU
PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)はどうやって儲けるの?収益源はどこ?狙いは消費者の購買データかソフトバンクグループの売上増加か?

ペイペイどうやって儲ける?仕組みは?

突然ですが、

あなたは今ペイペイがどうやって儲けているのか知りたくなっているのではないでしょうか?

クレジットカードを始めとした決済サービスは基本的に手数料+利息ビジネスで儲けています。

といっても、我々のような一般消費者は手数料を払う必要はありません。(リボ払いとかは別ですよ笑)

ではどこから儲けているのか?

答えは、利用しているお店側が決済手数料を支払っているんですね(一般的には売上の3%程の負担です)

しかし、PayPay(ペイペイ)は店舗すらも手数料を一切支払う必要がありません。
(※2021年9月30日迄)

これって、考えて見るととっても不思議ですよね。

「え!?ちょっとまって?ペイペイはどこで稼いでるの?」

今日はこんな疑問を読み解いて行こうと思います。

 

▼ペイペイのダウンロードはこちら▼

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

今なら1000円プレゼント!

ちなみに、2019年10月からの消費税増税キャンペーンに伴い、楽天カードを併用すると超お得です。以下で詳しく解説してます。

PayPay(ペイペイ)は現時点の収益は期待していない

PayPayはお金を気にしていない図

PayPay(ペイペイ)は現段階で一切のお金儲けをしている気配を感じません。

PayPay(ペイペイ)は上記で説明した費用に加え、2018年は積極的に社員登用も行っており、企業向けの営業員をたくさん抱え、顧客開拓に非常に力を入れています。

こうした人件費やシステム開発費等が大量にかかっているにも関わらず、現在PayPay(ペイペイ)は一切収益を産んでいません。

 

PayPayのバラマキ

 

システムを提供して、お金をばらまいて、消費者に使ってもらって、お金を一切受け取らない・・・そう考えると、非常に不思議ですよね。

ちなみに、2019年3月時点の決算発表を元にすると、ペイペイの売上収益は5.9億円それに対して費用は371億円かかっています。単純計算でおよそ365億円の赤字が出ているということですね。

しかしそれでも、PayPayの未来は明るいと考えられます。

購買データ取得によるビジネスが狙いか?勝負は3年後?

データ分析

PayPay(ペイペイ)が何故無収益でもこれほどまでに投資をしているか?私が考えているのは以下の2つです。

  • 購買データを利用したマーケティングビジネス
  • ソフトバンク&YahooJapanの売上増加

購買データを利用したマーケティングビジネス

PayPay(ペイペイ)を決済に使ってもらうことで、購買データを取得することが可能です。今までPOSシステムやポイントカードでしか取得出来なかった顧客情報を手に入れることが可能です。

  • 年齢
  • 性別
  • 月あたりの利用金額
  • 品目

こうしたデータを使ったマーケティングビジネスを行うことでしょう。

更に、PayPay(ペイペイ)は利用可能店舗がわかるマップ機能を搭載しています。

私の想定では、今後このマップ情報とクーポンを組み合わせたO2O(Online-To-Offline)ビジネスに足を踏み入れるのだとおもいます。

例えば、PayPayの購買情報を利用して、GPSで近くにあるお店のクーポン情報等を自動的に取得する・・・こうすることでお店への流入を狙ったり、商品の広告宣伝をする。こんなパターンが考えられそうです。

 

 

また、その購買データはソフトバンクグループで有効活用されるでしょう。

(2019年9月追記)

PayPayは自社データを用いて新たに「PayPayフリマ」と「PayPayモール」の提供を開始すると発表しました。

  • 「PayPay」のユーザー向けのフリマサイトとモールサイトを設立!
  • 「PayPay」のユーザーを優遇する特典付き
  • 2018年の国内フリマアプリ市場規模は6392億円、ネットオークション市場規模は1兆133億円と超巨大なマーケット

詳しくは以下の記事で解説しています。

購買情報をより細かく知り、その情報を元に個人個人に商品をレコメンド出来るのであれば、ビジネスは非常にやりやすくなるはずです。

すでに、中国では、個人の信用を数値化し、その信用に応じて付帯サービスを行う(保証金の免除・信用貸し出し等)取り組みがあります。

PayPayが持つ情報は、その礎となることは十分に考えられますね。

ソフトバンク&YahooJapanの売上増加

ソフトバンク×Yahoo

前段の話に続きますがPayPay(ペイペイ)を利用する際に、ソフトバンクやYahooを優遇する施策をうつことで、ソフトバンクとYahooの売上が伸びる可能性が考えられます。

前回の100億キャンペーンでも、ソフトバンクユーザーとYahooユーザーは非常に優遇され、全額還元を受けるチャンスが多くなりました。

このようなインセンティブ設計かつ、PayPay(ペイペイ)が利用されるようになることで、ソフトバンクとYahooの売上増加に繋がる可能性が十分に考えられますね。

QR決済、スマホ決済の戦国時代!PayPay(ペイペイ)の施策も、普及しなければ沈むのみ?!

戦国時代PayPay(ペイペイ)は目先の利益を追求するビジネスではなく、3年後~5年後を見据えたビジネスモデルだということはイメージが出来たかと思います。

しかし、結局普及しなければ、沈むのが世の常です。

PayPay以外にもLINEPAY楽天ペイd払いPring等、様々な事業者が新しい市場を捉えるために精力的に活動をしています。

そして、サービス普及の次に起きるのは統合&淘汰です。

PayPay(ペイペイ)がいくら普及を促していても、実際に利用者増に結びつかねば利益を取ることは出来ません。

普及しなければ沈むのみ、今後PayPay(ペイペイ)が投下した予算をどのように回収していくのか?動向が気になるところですね。

▼ペイペイのダウンロードはこちら▼

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

今ならなんと1000円プレゼント!

ペイペイのことをより知りたい方は以下の記事も参考にして下さいね

ペイペイ気になる情報を完全網羅
PayPay(ペイペイ)完全解説マニュアル!最新情報から過去のキャンペーンまでこの記事を読めばすべて分かります。 ペイペイ関連の情報って非常に多く、探すの大変じゃないですか? 次々と起こるキャンペーン、新しい機能、不正利用やトラブルから...

【2019年9月27日追記】

消費税増税対策もうお済みですか?最大10%が還元される大チャンスです。

【情弱は損する】キャッシュレス・ポイント還元事業とは?クレカとスマホ決済で得する仕組みを解説!2019年10月より消費税が8%→10%になります。 たかが2%、されど2%。 同じ商品を買うにしても、 100円...

\消費税還元制度の準備を備えよう/

気になる方はこちら

 

「あれ・・今月スマホ決済使いすぎ?」
そんな悩みはマネーフォワードで解決しよう!\便利な使い方はこちら

マネーフォワードをDLする

「・・・スマホ決済使ってるのに、まだこのカード使ってないの?」QR決済バブルの今作るべきカード3選

■今話題のペイペイとは?

ペイペイとは?今さら聞けない初心者向けにメリットや魅力を簡単に解説! 最近ちまたで噂のペイペイ、気づけば同僚との間で話になったり、 「まだ使ってないの?」 って聞かれる機会が増えていませ...

■今話題のLINEPayとは?

QR決済普及に向けてLINEPayが行う3つの施策|本気出しすぎ。 ”「2018年内にスマートフォンおよびLINE Payで支払える加盟店数100万カ所」” これは「LINE...

■今話題の楽天ペイとは?

【QR決済】楽天ペイってどんなサービス?特徴とメリットと今後の動向を紹介! この記事の内容 楽天ペイってどんなサービス?何が出来るの? 楽天ペイを利用することでどんなメリットがあるの? ...

■今話題のメルペイとは?

「merpay」とは?メルカリが作る新しい経済圏!その特徴や今後の動向とは?|QR決済 2019年10月追記:メルペイがリリースされてしばらく経った為、仕組みやメリットをまとめてみました。現在はまだP...

■QRサービスまとめ!

2019年3月更新!スマホ決済で還元額の高いおすすめサービスをまとめてみた!|PayPay・LINEPay・d払い他PayPay100億円キャンペーンを受けてなのか、最近スマホ決済を行っている事業者が20%還元という名の現金バラマキキャンペーンが行われ...
QR決済バブルの今作るべきクレカとは?
  1. どのクレジットカードを作ったら良いのかわからない。
  2. 自分に合ったクレジットカードってあるのかな?
  3. ぶっちゃけ一番使いやすいカードって何?
  4. みんなが使っているおすすめのクレジットカードを使いたい。
スマホ決済おすすめカード-1-min

▲詳細はこちら▲