QR決済ニュースの一言

デビットカードとQR決済の違いは?どっちが便利?

サービス毎にもちろん差はありますが

QR決済のメリットとは、

大きく分けて以下のようなものです。

  • 簡単に決済出来る。
  • スマホだけあればOK

こんなQR決済ですが、

一見このメリットだけだと

デビットカードの方が便利に思われます。

※デビットカードとは?

⇒預金口座と紐付けられた決済用カードである。 金融機関(一般的に銀行)が発行し、このカードで決済すると代金が即時に口座から引き落とされる仕組み。”

引用ーWikipedia

 

しかし、2018年7月現在。

各社がこぞってQR決済サービスを展開しています。

 

QR決済サービス乱立しすぎ?!今後どうなる?有力なサービスは?

 

何故、一見メリットがデビットカードと同じである

QR決済を普及させようとしているのでしょうか?

 

QR決済を普及させようとしている理由

  • 重要なのは個人<店舗
  • QR決済が普及すれば、レジもいらなくなる?!
  • 極端な話ホームレスですら導入出来る

重要なのは個人<店舗

QR決済で真にメリットを享受出来るのは

個人ではありません。

重要なのは店舗です。

自分が店舗側の立場に立って見ると

デビットカードよりもQR決済を使う理由がわかります!

小規模店舗がデビットカードを導入する場合

加盟店手数料として3~7%の利用料を払わねばいけません。

しかし、QR決済は今手数料0のサービスも出てきています。

 

ヤフーもLINEもQR決済手数料0円を実施!小売店の導入は今がチャンス?!

手数料が下げられているコトは

店舗側の大きなメリットですね。

QR決済が普及すれば、レジもいらなくなる?!

QR決済が普及することで必要がなくなるものがあります。

レジです。

今は店舗でバーコードをスキャンし、

POSレジ端末でデータを管理していますが

QR決済であれば、そんな必要もありません。

  • 現金を管理する必要がない。
  • レジを買い換える必要がない。

この2つは非常に大きいです。

デビットカードの場合、レジは必要ですが、

そんな必要もありません。

個人店や小規模店舗であればあるほど

メリットを感じやすい部分かもしれません。

【関連記事】⇒QR決済が普及すると世の中から券売機が消えていく理由|多言語対応&少額決済

極端な話ホームレスですら導入出来る

QR決済は、中国ではホームレスすら使用しています。

 

QR決済の中国の普及率は?ホームレスですら使ってるってホント??

 

ホームレスが使えるほど簡単な決済手法です。

これほど導入の敷居が低ければ

小規模店舗の立ち上げを行うことは

難しくないことだと考えられます。

以上のような理由から、

デビットカード以上に、

小売店のニーズがあるのかもしれません。