QR決済ニュースの一言

支払い手法が多すぎる?QR決済の競合は何があるか?|クレジットカード・現金・電子マネー

QR決済はコストが安い!簡単!便利!と、

三拍子そろった魅力的な決済手法です。

ですが、このQR決済、普及は今ひとつ進んでいないのが現状です。

なんで日本ではQR決済が流行らない?!理由を考えてみた。

この理由は、他に便利な決済手法がたくさんあるのが原因です。

では、QR決済の競合は何があるんでしょうか??

メリットを整理してみると、QR決済の魅力が出てくるかもしれません。

☆目次の代わり

QR決済の競合は何があるか?

  • QR決済の競合①:クレジットカード
  • QR決済の競合②:電子マネー
  • QR決済の競合③:現金
  • まとめ

QR決済の競合①:クレジットカード

まず1つ目はクレジットカードです!

日本人一人あたりおよそ3.6枚持っていると言われる

クレジットカード、間違いなく競合の1つです。

クレジットカードの普及の歴史を見ていけば、QR決済の今後が見えてくる?!

クレジットカードには以下のメリットがあります。

 

  • 通販サイトで簡単に購入できる。
  • 自分の支払能力を超えて商品を購入できる。
  • ポイントが付く。

 

特に「自分の支払能力を超えて商品を購入できる。」

というのは圧倒的な強みですね。

お金厳しくても商品が買えちゃう強み。

ここにクレジットカード普及の秘密があるのでしょうか?

QR決済の競合②:電子マネー

2つ目の競合は電子マネーです。

QUICPAYなんかは未だに使っている人が多いですし、

そうでなくてもSuicaやPASMOといった交通ICカードは

今ではほとんどの人が利用していますね。

電子マネーには以下のメリットがあります。

 

  • まとめて支払えばOK,後はかざすだけ。
  • 入れた分だけ使える。支出を管理しやすい。
  • ポイントも貯まる。

 

電子マネーはプリペイド(前払い)が基本なので、

支出管理は便利そうですね。

ただし、ネット決済等に対応しているものはまだまだ少ないです。

また、習慣付くまでは普及しないのが実情です。

ついつい現金使っちゃいますよね。

 

QR決済の競合③:現金

なんだかんだ最強の支払い手法はこいつじゃないでしょうか?

  • 日本ならどこでも使える。
  • 誰もが持ってる。
  • 特別な手間がいらない。

銀行からおろしたら現金がでてきますし、使えない場所はありません。

財布の中に入れておけば、とりあえず日本どこでも過ごせる。

ましてや日本は偽札の流通も少ないです。

中国は偽札が多いからQR決済が普及した?

利用率も最多です。

まとめ

以下の手法を見てきました。

  • QR決済の競合①:クレジットカード
  • QR決済の競合②:電子マネー
  • QR決済の競合③:現金

これを踏まえて、QR決済の普及を考えると

  • クレジットカードと同じように支払能力にレバレッジをかけられて
  • 気軽に簡単に使えて(これは実装済み)
  • 現金と同じくらい簡単に利用できる。

こんなQR決済が出来たら、一気に普及するかもしれませんね。

 

☆合わせて読みたい