Origami Pay(オリガミペイ)

ワンフェス(ワンダーフェスティバル)で「OrigamiPay」は使われる?|QR決済

人によっては、コミケ以上とも考える「オタクの祭典」

それが、ワンダーフェスティバル(通称:ワンフェス)です。

プロ、アマチュアを問わず、自分たちが腕によりをかけて製作したキットを持ち寄って展示・販売することにより、自分の造形力を世に問うことを目的としてはじまったのが『ワンダーフェスティバル』です。

引用ー公式ページより

このワンフェスで、QR決済サービス「OrigamiPay」が

利用できるようになりました!

会場で「Origami Pay」がご利用いただけます

果たして利用されるのでしょうか?!

この記事の内容

  • ワンフェスにおいて、OrigamiPayは便利なのか?
  • 利用すれば10%割引?!購入前提ならメリット大きい!
  • コミケではPixivPayだが、OrigamiPayも対応するのか?

ワンフェスにおいて、OrigamiPayは便利なのか?

ワンフェスは、ガレージキットやフィギュアを作成した

いわゆる「プロ素人」が参戦するイベントです。

何度も出店している人ならまだしも

初回のブース出展の場合、

  • 出展登録をする。
  • 自分の商品を作成する。
  • 販売の準備をする。(お金・売り子等)

と、考えることは盛り沢山です。

現時点では難しいかもしれませんが、

お客さん全員がQR決済を利用するのであれば

出店者の余計な手間は削減できそうですね。

QR決済の仕組みと現状のまとめ!|これだけ読めば基本は大丈夫!

利用すれば10%割引?!購入前提ならメリット大きい!

なんと、OrigamiPayを利用することで、メリットもあるそうです。

なんと、OrigamiPayで支払う人には

10%割引で商品が購入できるそうです。

買う商品が決まっていない方でも

もしワンフェスに参加するのであれば、

安く購入できるチャンスですね!

筆者も参加する予定なので、

忘れずに準備して行こうと思います。

支払い手法が多すぎる?QR決済の競合は何があるか?|クレジットカード・現金・電子マネー

コミケではPixivPayだが、OrigamiPayも対応するのか?

このイベント参加者と属性が似ている

コミックマーケットでは、

既にPixivPayが導入されています。

【PixivPay】日本で一番早くQR決済が普及する場所はコミケかもしれない【オタ用決済?】

一方で、まだまだ完全な普及とまで

いかないのが現状です。

PixivPayは使われていない?大量の500円玉を持っていく文化は変わらない

今後OrigamiPayもコミケへ参入等もあるのでしょうか?!

少なくとも、先に実績を積み上げたサービスが

どちらかのマーケットを奪っていきそうです。

QR決済サービス乱立しすぎ?!今後どうなる?有力なサービスは?

 

いずれにしろ、決済手法が増えるのは

非常に便利なことです。

実際どれくらい使われているかは

当日またチェックして

レビューしたいと思います!!