QR決済ニュースの一言

【QR決済】富士通と凸版印刷の新サービスが普及するとQRコード決済は失敗に終わる?【メリット消滅】

富士通と凸版印刷がQRコード決済の新サービスを始めるようです。

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 眞吾、以下 凸版印刷)と富士通エフ・アイ・ピー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 誠人、以下 富士通エフ・アイ・ピー)は、スマートフォンを活用したQRコード・バーコード決済サービスを小売店舗のPOSレジで同時に複数利用可能にする、決済情報中継サービス「スイッチングゲートウェイ™」の本格的な提供を2018年10月25日より開始します。

富士通エフアールピー:プレスリリースより引用

これ見た時、一見「便利かもしれない!」と思いましたが、読んでいて失敗しそうな香りがぷんぷん漂ってきました。

二社協業の新サービスということですが、これがQR決済に導入されて店舗に浸透してしまったら、QR決済のメリット全くでなくなるんじゃねぇか。。?って気がします。

「ポイントが還元される」はQR決済のメリット?

富士通×凸版のゲートウェイサービスとは何か?

このシステムは、要は既存のPOSレジ端末と新規のQR決済サービスを連携しちゃえばいいんでねーの?という発想から生まれた決済情報の中継サービスです。

これを使えば、既存のPOSレジからスキャンをするだけで、該当するQR決済サービスのデポジットの入出金が可能となるものです。

以下のサービスであれば、POSレジでの読み取りが可能となるそうです。

  • Alipay(アント フィナンシャルサービスグループ)
  • Wechat Pay(テンセントグループ)
  • Origami Pay(株式会社Origami)
  • d払い(株式会社NTTドコモ)
  • PayPay(PayPay株式会社)
  • pring(株式会社pring)
  • LINE Pay(LINE Pay株式会社)
  • 楽天ペイ(楽天株式会社)

いろいろなサービスと連携して決済が可能になるというアプローチはStarPayも同様ですね。

富士通×凸版のゲートウェイはPOS端末との連携が簡単になるので、一見メリットのようにも見えますが・・・

ぶっちゃけこれ、噛ますと費用が上がってQR決済の旨味がなくなるのではないでしょうか?

キャッシュレスシステム店舗導入は軽減税率対策に繋がる?

QR決済の強みは「手数料の低さ」

ぶっちゃけ、QR決済とクレジットカードって、単純な利便性だけ考えるとクレジットカードの方が圧倒的に強いんですよね。

QR決済は読み取りのスピードでクレジットカードには勝てません。

ましてや、保守的な日本・・先日調査した結果でも、「QR決済はポイント還元があるなら利用する」という利便性<お得感が大事だという調査結果がありました。

現在のQR決済のサービスレベルの状態の中、安易にこうしたゲートウェイが介入した状態で普及してしまうと、手数料がますます高くなる可能性が高いです。

手数料が3%超えるならクレジットカードでも良いわけで・・・

クレジットカード会社はQRを普及させたくない?

中抜きビジネスモデルにならないか?

富士通さんと凸版印刷の詳しいビジネススキームははっきり分かりませんが、いずれにせよ中間にがっつり機器が入ってしまうとあまりサービスの強みが出てきません。

富士通さん凸版印刷さんは2020年度までに50社の導入を目指すということです。

50社って案外少ないなぁ・・意外とそんなに普及させる気ないのかな?

いずれにせよ、QR決済の「手数料の低さ」を逆手に取った面白いビジネスモデルって何か無いのかなぁ・・・真剣に考えてたら出てきそうな気もしなくもない・・・

QR決済ってそもそも何?

どんなサービスがある?

QR決済のセキュリティや動向は?

オススメのクレジットカードはこちら


  • PayPay運営親会社Yahoo発行のクレジットカード
  • Tカードとも連携で使いやすくてポイントも貯まる!
  • 年会費永年無料なので作って損なし!

★★★年会費無料【ヤフーカード】★★★