QR決済

QR決済は普及しない?理由を考えてみた。

QRコード決済は今後どれほど普及していくのでしょうか?

調べてみると、今後普及していく可能性もありますが、

普及しない可能性というのも色々書かれていますね。

今日はQRコード決済は普及しないと思われる理由について調べて行こうと思います。

QRコード決済が普及しないと思われる理由

  • セキュリティに不安、スマホ盗難されたら終わりじゃない?
  • QRコード決済を利用したら支出が増える?
  • なんだかんだ言ってめんどくさい。

セキュリティに不安、スマホ盗難されたら終わりじゃない?

やはりなんと言っても、セキュリティが不安ということが考えられます。

スマートフォンで自由にお金を操作出来るということは、逆に言えばスマホさえあればお金が使えてしまうとも言えます。

最近では指紋認証や顔認証など、セキュリティ対策が敷かれていますが、一方で暗証番号4桁を当てれば解除出来るシステムを使っている方がまだ多いのではないでしょうか?

スマホを仮に盗難されてしまった場合、お金を使うことが出来なくなってしまいます。お金を使えないだけならまだしも、最悪人にお金を使われてしまう可能性があります。

そういった意味でも、スマートフォンで決済をするよりは、財布とスマホ別々に管理したい!という方は多いかもしれませんね。

(※iPhone7以降の方であれば、指紋認証が使えて便利ですが。)

⇒【2018年QR決済オススメは?

QRコード決済を利用したら支出が増える?

クレジットカードを持たない人と同様の理由ですが、QR決済等の電子化されたお金だと支出が増えると考える方も多いそうです。

QRコード決済であれば、タッチをするだけで簡単に決済を行うことが出来ます。クレジットカードと同様、「お金を使うことの抵抗感」が薄れる為、気軽に商品を買ってしまって支出が増えると考える人が多いそうです。

確かに、実際に現金を持ってさえいれば、お金を支払うという行為がダイレクトに伝わりますが、

QRコード決済やカード決済等といった電子化された数字を見ると、使ってしまいたくなる気持ちもわかります。

ぼくは通勤電車に乗る時、つい駅の自販機の飲み物をSuicaで購入してしまいます・・・

支出のコントロールに不安をを抱く人も使わない人も多そうですね。

⇒【QR決済を使うべき人はだれ?

なんだかんだ言ってめんどくさい。

これが一番大きい理由ではないかなーと思います。

結局、ほとんどの人ってめんどくさがりなんですよ。

Qrコード決済を使えば、メリットはたくさんあります。

提携サービスを利用することが出来たり、支払いが簡単だったり、気軽に支払いが出来たりといった多数のメリットがありますが、それでもやはり旧来の価値観を素直に変えられる人は少なくありません。

「なんとなく便利そう」「使ってみたいな・・・」こんな風に思っていても、いざ導入するまでに結構多くの時間がかかる人がたくさんいます。

LinePay等は登録が非常に簡単そうですが、今後もっともっと手軽に登録して利用できるような体制が出来れば理想ですね!

より深く知りたい方はこちらもどうぞ

キャッシュレス経済 ―21世紀の貨幣論―

 

QR決済バブルの今作るべきクレカとは?
  1. どのクレジットカードを作ったら良いのかわからない。
  2. 自分に合ったクレジットカードってあるのかな?
  3. ぶっちゃけ一番使いやすいカードって何?
  4. みんなが使っているおすすめのクレジットカードを使いたい。
スマホ決済おすすめカード-1-min

▲詳細はこちら▲