Amazon Pay(アマゾンペイ)

アマゾン(Amazon)もQR決済に参戦?!|日本のQR決済市場の魅力について

AmazonがQR決済に参戦するみたいだね!びっくり!!!

Amazonに入られたら一気に普及しちゃうんじゃないかなぁ・・

ついに米大手アマゾンがQR決済に参戦するそうです。

スマホ決済、日本乱戦 アマゾンが来月に実験

わりかしビッグなニュースですね。

ただでさえ、既に乱戦気味のQR決済。

Amazonが市場に参入してくることで、ますます激戦になるでしょう。

QR決済サービス乱立しすぎ?!今後どうなる?有力なサービスは?

Amazonは元々たくさんのサービスをやっており、以前も「AmazonPay」というサービスを出しています。

ECサイトの強みや、AmazonWebService等、世界のインフラとして君臨するAmazon。

そのAmazonまで参入する日本のQR決済市場はどれほど旨味があるんでしょうか?

今日は日本のQR決済市場の魅力について書いていこうと思います。

日本のQR決済市場の魅力とは?

  1. 日本のQR決済市場は、まだまだ伸びしろだらけ!
  2. 購買データを抑えたら、どれほどの企業がそのデータを買うだろう。
  3. 決済手数料だってバカにならない。

日本のQR決済市場は、まだまだ伸びしろだらけ!

日本のQR決済市場は、まだまだ普及には程遠いです。

政府の方針として、2027年までに40%のキャッシュレス化を推進する為に、各方面で色々な施策検討をしています。

モバイル決済時代の幕開け?|QR決済の仕組みと日本のキャッシュレス化構想について

ぶっちゃけ周りにQR決済を使ってる人はどれくらいいますか?

私の周りでは、QUICPAYやクレジットカード利用者以外ほとんど見たことがありません。利用率は5%以下と言ったところでしょうか。

キャッシュレス化の流れを世界で見ると、日本は圧倒的に遅れています。

日本のATM管理コストは年間2兆円?!|QR決済の普及で日本国民が得るメリットとは?

このマーケットの大きさには、伸びしろを感じますね!

購買データを抑えたら、どれほどの企業がそのデータを買うだろう。

QR決済市場の魅力は、ただ決済手数料の取得に限りません。

いちばん重要なのは、その購買データです。

中国では、レストランでもQR決済の利用が可能です。

そして、その購買データとQR決済を組み合わせるすことにより、既存のPOSレジよりもはるかに多くのデータを取得することが可能です。

スマホと連携して、アプリに紐づけているため、年齢・性別はもちろん、地域や所得、その他の商品の購買データも含めて参照が可能でしょう。

分析観点で考えれば、既存の情報よりも格段に優秀です。

その情報が高く売れない理由は無いですよね?

クレジットカードの普及の歴史を見ていけば、QR決済の今後が見えてくる?!

決済手数料だってバカにならない。

決済手数料だって、積み上げていったら馬鹿にできません。

先日キャッシュレス界隈で大きなインパクトを与えたPringは、手数料3%の慣習を0.95%まで引き下げました。

QR決済のダークホース?!メタップス子会社のPringとは?サービス動向と今後を紹介

0.95%の利用料だって、もし取得できれば非常に大きな利益を生み出せます。

1億人の日本国民のうち50%に普及したとしたら、月に1000円商品をQR決済で購入するだけでも、5億円ほどの収入が見込めます。

冒頭で紹介したAmazonはロングテールビジネスに強みを持っているため、この市場を抑えたいと思っているのは間違いなさそうですね。

Amazonの参入により、今後QR決済はますます盛り上がっていきそうです!